多汗症コンプレックスもスッキリ解決【不安感を拭い去る施術】

年配の医者

汗の悩みを解消するには

困る女性

多汗症とは体温調節などの本来の目的とは無関係に大量の汗をかくことをいいます。交感神経の異常から来るものであることは分かっていますが、根本的な原因は不明です。治療法としては外用薬の塗布や神経ブロックと呼ばれる外科療法などがあり、症状に応じて選択されます。

この記事を読む

脇汗の悩み

背伸びする女性

多汗症治療には種類がありますが、剪除法の効果が最も確実です。ミラドライであれば、傷跡を残さずに、剪除法と同等の効果が得られます。ボトックスであれば費用が安く手頃で、それでいて一定の効果が得られます。専門治療ができない場合は、通販などで評判のデオドラントクリームを購入すると良いでしょう。

この記事を読む

脇汗対策の施術

ガッツポーズする医者

多汗症の手術治療を受けた場合には、術後の安静が必要です。入浴も抜糸までは避けて、患部を出来るだけ動かさないように過ごします。手術後に専用の治療薬を使用することで、患部の回復がよりスムーズになるのが一般的です。

この記事を読む

大量に汗が出る病気

医者

汗かきとは違う特徴がある

汗をかくということは人間にとってとても大事なことです。ところが汗をかきすぎると体臭が強くなったり、不快感に襲われたりして悩む人も多いのです。最近は多汗症にかかる人が増えています。多汗症は色々な原因で起こりますが、思い過ごしの場合もかなりあります。ただの汗かきというのは、運動をしたり暑かったりすると他人よりも汗を多くかいたり、自分だけ汗をかいたりします。特に夏などは全身から汗をかきます。これは汗かきなだけで病気ではないのですから、治療の必要はないのです。多汗症の特徴は、何もしていない状態でも常に汗をかいてしまうのです。また手や足の裏や脇の下など、決まった場所だけに汗をかくという特徴があります。このような多汗症は身体機能の失調によって起こる病気なので、治療が必要です。多汗症と勘違いしやすいのは、不安や緊張して汗をかく場合です。このような人は多汗症ではなく、精神性発汗の過多といいます。このような症状の場合は、心療内科で精神的な治療をする必要があります。多汗症というのは緊張するような状況でもないのに、大量の汗をかいてしまうのです。身体の一部だけでなく全身から汗が出る全身性多汗症という病気もあります。

食生活の工夫が必要

全身性多汗症の場合は、バセドウ病や自律神経失調症、糖尿病、更年期障害などの病気が原因の場合が多いので、早めに医師の治療を受けるべきです。身体の一部から汗が出る局所的多汗症の場合は、はっきりとした原因はわかっていないのです。病院での治療は、交感神経をブロックするか切断する手術が行われます。手の平が多汗症の場合は、肋骨の上にある胸部交換神経節ブロックか胸腔鏡下交感神経切除が行われます。足の裏の場合は、手術による切除ではなく、腰椎の側面にある腰部交感神経節ブロックという方法で治療します。このことからわかるように、多汗症は自律神経の中の副交感神経が深く影響しているのです。多汗症の場合は食事が大切だと言われています。特にコーヒーやお茶に入っているカフェインは良くないのです。カフェインには汗腺の働きを活発にする作用があるので、それらを摂取しない工夫が必要です。また脂分の多い食事も避けた方がいいと言われています。特に豆類を多く摂取するように料理を工夫すると多汗症には良いのです。また水分を控えてしまう人がいますが、これは逆効果になります。多汗症の人は適度な水分補給をしないと脱水症状を起こすことがあります。病院で治療を受ける前に、普段の食生活の見直しも必要です。

汗っかきの苦労

座る女性

人一倍、汗をかくとストレスになってしまうでしょう。汗を止めたい人が多いので、多汗症治療の人気が高いのです。市販のもので対処しても効果が薄いなら医療機関を受診しましょう。機械を使ったり、ボトックス注射で改善できます。

この記事を読む